事業内容

東和金属株式会社では、自動車部品・二輪車部品、通信機器部品・電力架線部品・コンプレッサー部品などの幅広いニーズにご対応するため、【各種鋳造】、【機械加工】、【塗装】、【加工完成部品組立】まで一貫して対応致しております。

金型鋳造/砂型鋳造/シェルモールド鋳造

主要設備 アルミ鋳造のことなら東和金属
当社では、金型鋳造での自動車部品、二輪車部品、通信機器部品、電力架線部品、コンプレッサー部品等の部品加工を行っております。
特に金型鋳造での耐圧部品及び、強度を必要とする重要保安部品の生産を得意としており、小ロット品の素材から加工塗装及び組立完成品納入まで一貫で対応可能です。
後加工 アルミ鋳造のことなら東和金属
製品 アルミ鋳造のことなら東和金属
アルミ鋳造 アルミ鋳造のことなら東和金属

熱処理・溶体化処理

当社では鋳造後の熱処理まで一貫して行っております。熱処理を行うことで、アルミ合金中の溶け込んでない元素を均一に溶け込ませ、強度を増すことができます。
この工程では温度管理が非常に重要で、温度が低い場合は十分な固溶状態が作れず、強度が思うように高くなりません。また温度が高すぎる場合は、液体と固体が共存している状態になるので、バーニングといわれる部分的に溶けてしまう現象が現れます。
その後、焼入れ、熱を加えてさらに強度をあげます。
熱処理合金の強度が非常に高いのは、溶体化処理、焼き入れを行い、その後時効処理をするという特殊で複雑な熱処理を施しているからです。
熱処理(溶体化処理) アルミ鋳造のことなら東和金属
熱処理(溶体化処理)
熱処理前製品 アルミ鋳造のことなら東和金属
熱処理前製品
熱処理を施します アルミ鋳造のことなら東和金属
熱処理を施します

機械加工・塗装・後処理

マシニング加工などでの機械加工や、塗装、各種表面処理なども一貫して行っております。
お客様の様々なニーズに即座に対応できるよう、体制を整えておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
機械加工 アルミ鋳造のことなら東和金属
塗装 アルミ鋳造のことなら東和金属
後処理 アルミ鋳造のことなら東和金属

加工分類表

大分類 小分類
鋳造
加工方法 ダイキャスト型 金型鋳造型 砂型鋳造型 シェルモールド型
材料 アルミ合金
製品重量 500g〜10kg
特徴的加工 重力鋳造(グラビティ鋳造) 鋳造試作品
設計
金型設計 鋳造金型設計
治工具設計 量産用治具設計
試験 破壊試験
機械加工
機械加工 NC/フライス加工 マシニング加工(立形・横形) タッピング加工
旋盤加工 NC旋盤加工
その他 ワイヤー加工
被加工材 アルミ合金