会社案内

基本理念

1.社員の成長を幸せを形にする

2.お客様を知り尽くし、正しい対応をする

3.社会貢献できる、能力・技術を磨く
工場外観 アルミ鋳造のことなら東和金属

会社概要

社名 東和金属株式会社
代表 武藤 政典
所在地 〒964-0203
福島県二本松市木幡字平21-1
TEL 0243-46-2415
FAX 0243-46-2430
URL http://www.towa-kinzoku.jp/
営業品目 ・金型鋳造、ダイカスト鋳造、アルミ鋳造
 砂型鋳造、シェルモールド鋳造  
・熱処理、機械加工、含浸処理、塗装
 アルマイト処理、型設計製作  
・加工完成部品組立
資本金 1,100万円
設立年月日 昭和42年11月3日
従業員 27名 2016/6/1現在

会社沿革

1967年 福島県安達郡東和町木幡字貝屋244番地に東和金属株式会社を設立し、砂型鋳造の工場を開設した
1970年 量産体制を確立するために、金型鋳造を開始する
1975年 ダイキャストマシン1台を購入し、ダイキャスト鋳造を開始する
砂型、金型、ダイキャストの量産体制を確立
1981年 VTRドラム増産体制確立。専用鋳造機増設月産30〜40万個生産
1985年 新工場(現工場)を東和町木幡字平21-1番地に増築移転
管理棟、鋳造工場、仕上げ工場にて開業
1986年 新規に自動車部品、二輪車部品等の鋳造生産に着手した。特に重要保安部品のため、熱処理設備を導入
1989年 VTRの海外展開により自動車部品、二輪車部品、建機部品、電力部品に特化し、増産体制へ移行
1993年 タッピングセンタを導入し、機械加工を開始する
ブラザータッピングセンタ2台購入
1998年 NC旋盤を導入。素材から加工完成まで達成。型の設計製作も行い、一貫生産を確立
2003年 営業エリアを東日本に拡大。組立完成品市場へ参入する
2005年 ダイキャストマシンの撤去により、金型鋳造専門工場とする
2007年 PPORF(ポルフ20key)による企業革新活動を開始する
ホームページ開設 営業エリア拡大
2008年 親企業破綻による民事再生申立て及び再生認可決定・再生スタート
2009年 試作品、砂型品の協同受注開始(機械加工・塗装メーカーと連携)
2010年 砂型鋳物の設計・製造・社内製造開始する。主材料AC7A材
2011年 10月福島地裁より、「再生手続を凍結する」決定書を受ける
2014年 砂型鋳物量産品の県内近隣企業との受注連携を開始する
2015年 シェルモールド・砂型エリア拡張に伴い中子造形外作化

アクセス